本文へスキップ

口コミ、資格取得で人気!!札幌市白石区のパソコン教室

体験 受付Tel.011-598-0806

  デジカメコース ~デジカメを活用したい方へ~

デジカメコースのご紹介New! コース料金 40,000円+税


写真をとるイケメンちゃん
①基礎1
②基礎2
➂活用1
④活用2
➄画像加工1(JTrim)
⑥画像加工2(PhotoshopElements12)
⑦フォトブック作成(TOLOT,しまうま)
①基礎1
デジタルカメラとは
デジタルカメラの基礎知識
マデジタルカメラの選び方
デジタルカメラでの撮影
②基礎2   
画像ファイルの転送と管理
フォルダ名の変更とフォルダの整理
記憶メディアへの保存
写真の印刷
➂活用1
デジカメ画像をメールで送る
フリーメールアドレスの取得
ペイントを利用した画像加工
画像を利用したポストカード
ワードとペイントとの連携

④活用2
画像をデスクトップの背景に設定する
スクリーンセーバーの利用
フォトストレージの利用
作品課題の作成
   
➄画像加工1(JTrim)
JTrimは、デジカメ画像などを簡単な操作で加工・修正できるレタッチソフトです。
画面はメニューバーとツールバーのほか、その下に画像表示部分があるだけのシンプルなユーザーインターフェイスです。
全機能がメニューかツールバーボタンから利用できるうえ、目的の操作を素早く見つけられるようにメニューの階層を少なくしたり、初心者に難しいオプション設定をなくすなど、直感的に操作できるような工夫が施されています。
さらに、軽快に動作するよう設計されているので、起動で長時間待たされるようなストレスを感じることも少なく、加工処理なども素早くできる。操作性に加えて機能的にも充実しており、画像の回転やリサイズ、切り抜きといった基本的なものから、明るさやガンマ値などの補正もプレビュー画面を見ながら行えます。
また、ぼかしやエンボスといったフィルター効果のほか、セピアやモノクロの変換、モザイク処理やデッサン画風への変換といった約20種類の効果を画像に施すことができます。
過去16回分のアンドゥ機能もついているので、様々な処理を試しながら行うことも可能です。
⑥画像加工2(Photoshop Elements)
Adobe Photoshop Elementsは、プロ・ハイエンド向けのAdobe Photoshopを一般ユーザ向けとして作り直した廉価なソフトです。
もとは、スキャナやペンタブレットに同梱されていたソフトウェアであるPhotoshop LE にさかのぼります。1999年にPhotoshop 5.0をベースとしたLEがパッケージ版としては初めて登場しました。
その後2001年、Photoshop LEシリーズをリニューアルする形で、Photoshop Elements)が登場しました。
単なる機能限定版ではないという位置づけからLEに代わり、新たなシリーズ名となりました。
バージョン2.0でには、Windows版限定で撮影した写真を整理するためのソフトウェアであるAdobe Photoshop Albumが登場。Elementsとの連携を意識した設計がなされました。
バージョン3.0以降は、Photoshop Albumの機能が「写真整理モード」として統合されました。
ただし、アプリケーション上はAlbum時代からの流れで別のものとなっています。
また、Elementsシリーズのラインナップが拡充され、動画編集ソフトAdobe Premire Elements(アドビ・プレミア・エレメンツ)がシリーズ加わり、同梱パッケージが提供されるようになりました(Windows版のみ)。
現在では、Premire Elementsと共に、1年おきにバージョンアップを重ねており、Photoshop CSシリーズの新機能を随時取り入れられるようになっています。
Photoshopと比較すると、主に「トーンカーブ」「マスク」「パス」などの機能が制限されているが、安価でPhotoshopエンジンを積んだ自動補正が出来る点などが好評です。
イラスト等を作成する場合Web上での発表や紙に印刷するための用途に使用する場合は問題ないが、カラーデータ入稿に必須であるCMYKカラーに対応していないため、データ入稿の際には上位バージョンのPhotoshop CSシリーズあるいは他の画像描画用ソフトを別途用意する必要があります。
写真整理モードは「Elements Organizer」(エレメンツ・オーガナイザー)という機能として搭載されています。
⑦フォトブック作成(TOLOT、しまうまプリント)
デジカメで撮った写真を使って世界で一つだけオリジナルフォトブックを作りましょう。家族旅行、卒業式、卒園式、入学式、成人式等の記念を1冊にまとめてみませんか?
コース一覧

毎日更新おすすめ理由

  1. 好きな時に通える
  2. わかりやすいテキスト
  3. 少人数個別指導
  4. 毎日通ってもOK
  5. 高い指導力
inserted by FC2 system